FC2ブログ
可愛いタンクトップで夏を乗り切れ!
12 * 2019/01 * 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/14
注目人気ともにNo.1ALEXANDER WANG サーマルタンクトップ アッシュ...
注目人気ともにNo.1ALEXANDER WANG サーマルタンクトップ アッシュ...
注目人気ともにNo.1ALEXANDER WANG サーマルタンクトップ アッシュ...
言わば出遅れ銘柄物色が次の資金のターゲット、出遅れ銘柄物色の流れに乗りながら、片方では先々を見据えて1部銘柄の押し目買いの機会を狙う、目先と先々の両方を考えながら対応出来ればかなりの上級者。確率的に考えれば遅かれ早かれ近々一旦調整局面が訪れると言う事は間違い有りませんが、テクニカル的な過熱感以外には特に悪材料も無く、相場の地合いや需給環境も良好、東証1主力銘柄が一旦調整局面を迎えれば循環物色で2部や新興市場の出遅れ銘柄へ資金が向かい安相場環境では有ります。
150%まで上昇した騰落レシオも最低でも100%を割れるところまでは下げて欲しい感じ、調整局面で下げ基調が続くと弱気が支配するムードが強まりますが、調整局面の中では相場の本質を見抜く事が必要、今はまだ調整入りの入り口、当面は出口が近づくのを待つと言うのが基本的対応。
明日から新年度相場に入り、来週末は4月のSQ、相場の大きな流れは上向きですが、短期的には一旦調整が必要、きっちりと調整を挟めば上昇基調長期化が期待出来ますが、無理をすれば反動が来ると言うのも相場の常。波乱の動きは無くとも妥当な調整局面は当然いつかは訪れる事、来週末にSQを控えていますので、過去の経験則で考えればSQを通過した後に流れに変化が出てくると言う事も多々有ります。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 タンクトップ.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。